加湿器の中は細菌だらけ!?菌を発生させない加湿器のメンテナンスとは?

Natury+ User’s Guide Place

はじめに:加湿器の効果的な除菌方法

今年も急に寒くなってきて、加湿器を使用する機会もこれから増えてくるころかと思います。しまってあった加湿器を取り出して加湿器自体の清掃や除菌をしないといけないと思った方、あるいは今年はコロナ対策として加湿器を使用して空間除菌ができないだろうかと考えている方など、様々いらしゃると思いますが、今回は加湿器をより安全かつ効果的に使用する方法について整理して行きたいと思います。

加湿器を除菌する必要があるの?、加湿器を除菌するにはどんなものを使用するのが良いの?、加湿器の除菌の効果はどのようななものなのか?、Natury+は加湿器の除菌に有効なの?といった疑問に答えていきたいと思います!

1.加湿器は除菌した方が良いの?

1−1 加湿器の中は細菌だらけ?

2017年から2018年にかけて、大分県の老人ホームで、加湿器で発生した菌が原因となるレジオネラ症の感染事例が発生しています。またそれ以前にも、加湿器の細菌が原因ととなる感染症が発生しているようです。これらの事故を踏まえ、厚生労働省から感染予防のための注意喚起がなされています。

レジオネラ症を予防するために必要な措置 に関する技術上の指針

加湿器のタンク内に消毒されない水が長期に蓄積されることで、レジオネラ症の原因となる菌が発生したことが原因のようです。厚生労働省の指針でも、加湿器内のタンクのこまめな清掃や水の交換が必要とあります。

レジオネラ菌は60度の温度で5分以上加熱すると死滅するとのことですが、加湿器のタイプによっては、加熱が行われないものものあるため、そのようなタイプの加湿器を使用している場合は特に注意が必要になります。

1−2 菌が発生しやすい加湿器のタイプとは?

加湿器は大きく4つのタイプに分かれます。そのうち加熱を行わないのが、超音波式と気化式の加湿器であるため、特に細菌の繁殖に注意が必要になると思います。

▪️加湿器のタイプごとの特徴

気化式は、水を含ませたフィルターにファンで風を当てることで、水分を気化するタイプです。超音波式は水に超音波の振動を与えることで小さな粒子にし、霧のように噴出するタイプです。いずれも水をそのまま使用することから細菌の発生リスクが高いとされています。

特に超音波式の加湿器は値段もリーズナブルでデザイン性も高いため、普及が進んでいるタイプのとなるようです。ご自身が使用されているものがどのタイプのものであるか確認してみてください。

2.菌を発生させない加湿器のメンテナンス方法とは?

それでは菌を発生させないためには、どのように加湿器をメンテナンスしていけば良いのでしょうか?

まず、厚生労働省の指針に掲載されている、家庭用加湿器のメンテナンス方法をご紹介します。

〜加湿器のタンク内等に付着する 生物膜の生成を抑制し、その除去を行うことが必要である・・・中略・・・家庭用加湿器のタンクの水は、毎日完全に換えるとともに、タンク内を清掃すること。〜

毎日タンクの水を交換して清掃することで、菌の発生は防止できるとのことです。

非常に簡単ではありますが、毎日メンテナンスするのは意外と大変ですね。また忘れてしまう時も当然あるとは思います。

そのため、加湿器のタンク内をより清潔に保つために、加湿器のタンクの中に入れておくだけで、除菌や抗菌になる、加湿器タンクに対応した除菌剤を使用することが便利だと思います。

3. 加湿器のタンクを除菌する除菌剤の選び方

除菌剤を選定する際のポイントはどのタイプの加湿器であれば使用できるものなのかをきちんと確認して購入することが重要です。

例えば、加熱式の場合熱が加わるため、熱により除菌効果が揮発してしまうような素材のものは不適切です。また、塩素系の除菌剤については、塩素の作用で、加湿器本体を腐食させてしまう可能性があるので、こちらも避けた方が良いかもしれません。

中でも、特に除菌が必要なタイプのものは気化式と超音波式でした。

このうち、超音波式を除菌する際には、超音波により化学物質が分解されて、除菌力が減退してしまうタイプの除菌剤があるので注意が必要です。具体的には、二酸化塩素を使用したものなどは分解されてしまうようです。

入れておくだけの除菌剤も多くの種類が発売されていますので、ご自身の加湿器にマッチした商品を選定してください。

4.Natury+は加湿器の除菌に使用できますか?

Natury+は熱や超音波の影響を受けないという特徴があります。

そのため、加湿器に添加することで、水の劣化に伴うカビやヌメリの発生を抑制し、加湿器を清潔に保つ効果が期待できます。

加湿器の水にNatury+を添加するだけなので、簡単に加湿器のメンテナナスが可能です。

また、植物由来成分であることから、加湿器に入れて噴霧されたものを吸引した場合、経口毒性試験も実施しているため、安心できると思います。

Natury+は加湿器専用ではありませんが、様々な用途に安心してご使用いただける点がメリットです。

ご使用方法としては、1Lの水に対して、20mlから40mlを含有させていただくのが目安となります。

5.Natury+で空間除菌はできますか?

よく、「Natury+で空間除菌の効果も期待できますか?」という質問をいただくのですが、効果があるかどうかの実証は行っておりませんので、明確にはお答えできません。

ただ、空間除菌用に製造したものではないため、基本的にそのような目的でのご使用は控えていただき、直接きになる箇所に噴霧いただくのが有効な使用方法になると思います。

まとめ:

今回は、加湿器の除菌方法について確認しました。

・加湿器のうち、特に気化式・超音波式のものについて除菌が必要

・加湿器のタイプにあった除菌材を選ぶことが重要

・Natury+は加湿器の除菌にも安心してご使用できます

安心できる生活にこの記事がお役に立てれば幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました